ED治療薬はバイアグラ

EDとはなんでしょう

EDとは

最近、EDっという言葉を耳にします、EDとはどのような状態なのでしょう。

 

EDは、エレクタイル・ディスファクションの略です。直訳すると勃起不全と言います。

 

EDっというと勃起しないということを想像しがちですが、全く勃起しないことがEDではありません。
勃起をするまでに時間がかかる、勃起しても持続時間が短い、性交渉の途中で萎えてしまう(中折れ)、日によって勃起しない日があるこのすべてのケースがEDである可能性があります。

 

確かに勃起しないこともEDであるのですが勃起はしているし性交渉もできる、射精もすることができるなどの場合にもEDである場合があるのです。

 

日頃の性行為が満足のいくものになっていない場合EDであることを疑てみたほうがいいかもしれません。

 

インポテンツとEDって違うのか

 

昔の人は、インポテンツっとEDのことを読んでいたように思いますが、EDとインポテンツには違いがあります。

 

インポテンツは、ポテンツ⇒能力・イン⇒ない 

 

疾患や外傷によって勃起の機能が完全に失われている状態をインポテンツ。
EDとは勃起しないことではないし、治療可能な病気なのでインポテンツとEDは違います。

 

インポテンツとは今は言いません

 

インポテンツとは日本語で訳すると不能という訳にされます、これは単に勃起できないという意味だけでなく治癒しない・子孫を残せないっというニュアンスも含まれているのです。

 

インポテンツは、その人の人格を否定するような意味合いがある差別的な用語なのです。

 

現在では、医学の現場でもインポテンツっという言葉を使いません。

 

インポテンツとは

不能という意味
特殊な疾患や不可逆的な外傷によって、勃起の機能が完全に損なわれている状態
治癒しない
子孫を残せない

EDとは

勃起しな事ではない
治療が可能な病気

 

バイアグラの効果のからくり

 

ED,バイアグラ

すべてのものに終わりがあるように、勃起もいつかは必ず終わります。射精をすると速やかに勃起が終わるのは、サイクリックGMPの生産を停止させるシグナルが出るからです。

 

しかし、射精によって自ら終結する前にも、ペニスの中には勃起が永続するのを防ぐための化学物質が放出されているので、勃起を脅かしているのです。

 

この興覚ましの物質は勃起の邪魔をします。バイアグラはこの段階に介入し勃起を持続させます。

 

バイアグラはPDE5に結合することで、PDE5がサイクリックGMPを分解するのを妨げます。そのためにサイクリックGMPが蓄積されます。

 

動脈内にサイクリックGMPがあればあるほど血管の拡張作用が大きくなるので、たくさんの血液が流入できるのです。

 

したがって、血液量が足りないために有効な勃起が得られない人も、バイアグラを服用すれば勃起できるようになるのです。

 

勃起を邪魔する原因が何であれ、精神的なものでも、神経あるいは血管の障害であっても、バイアグラは通常、その障害を乗り越えて勃起を実現させるのです。

 

勃起不全は普通の心理的な問題あるいは、神経や血管の血液供給など身体的な問題の結果として起こる症状です。

 

これを知っておくとバイアグラの作用を理解しやすいです。鎮痛剤のタイルノールを飲んでも関節炎は治らないが痛みは和らぐ。バイアグラを飲んでも根底にある問題は解決しないが、EDには効きます。これが多くの男性にとって十分な利点であることは言うまでもありません。

 

お役立ち

 

バイアグラも本物でないと効果が期待できません。参考⇒バイアグラ通販本物