ED治療薬はバイアグラ

一酸化窒素は単なる汚染物質ではない

一酸化窒素とED

この10年間で、一酸化窒素NOはが人間の生理に果たす役割が解明されてきました。かつては単なる大気汚染の物質として片づけられていたのですが、会内で重要な働きをしていることがわかってきたのです。一酸化窒素NOは、神経伝達、免疫など体内の様々な機能に欠かすことのできない、そして勃起に必要な血液拡張にも欠かすことのできない物質なのです。

 

性的に興奮したペニスの内部では、一酸化窒素NOが動脈壁の筋細胞の間を駆け巡り、細胞や空洞を取り囲むよう筋細胞に連鎖反応的に広がっていきます。

 

一酸化窒素NOの分子はそれぞれ、ぶつかった筋細胞にメッセージを伝達します。サイクリックGMPと言う化学メッセンジャーを生産せよという命令です。動脈壁に並んだ筋細胞がサイクリックGMPを作り出すと、それまで収縮していた血管が拡張し始めます。ペニスの中に多くの血液が流入します。

 

その血液がペニスに充満した状態が勃起です。しかし全米で2000万人から3000万人と言われる勃起不全の男性は、勃起することが困難または不可能です。この窮状を脱するために登場したのがバイアグラです。

 

バイアグラは動脈を拡大し続けるのに十分なサイクリックGMPを持続させ、勃起をその維持に貢献している。